オーナーズボイス

北海道K様:シルクちゃん(ACE×RUDI)

☆ホワシェパとの初めての出会い たまたま隣町で見かけ、あの白い大きい犬は何犬!?と、謎の犬種に一目惚れでし た。本で調べてホワイトシェパードと判明し、私の夢、そして憧れの犬となりました。
2年程が過ぎて、どうしても飼いたいという想いが強くなり、ネットでブリーダーさ んのHPを一通りチェックしてどこの犬舎が良いだろうと思案していました。
たまたま東京方面へ行く機会があり、犬舎を数件ピックアップ。しかし、時間の都合 で1箇所しか見学出来ないので、どこにするかを、考えに考えて・・・ アニーズさんにしたのは、以下の理由から決めました。

  1. 住宅街にあること(住宅街で運営していくには、きちんと躾けて吠えないようにする必要があると思うので)
  2. 雄・雌が揃っていること(雄と雌の両方を見たかったので)
  3. ドッグランを完備していること(ストレスコントロール等がきちんと、できている証だと思うので)

そして、実際に見学に訪れた時に、他のオーナーさん達がホワシェパを連れて遊びに 来ており、3か月の仔や6か月の仔とも会うことが出来て、とてもアットホームで、 またハートフルな時間を過ごせたことで 今度は自分の仔を連れて、遊びに来れるような感覚になってしまいました・・・ (ほっこり)
ここの仔がほしい!そう心に決めたのでした。
☆シルクを受け入れて・・・
アニーズさんに決めた後も、シルクが生まれてすぐに写メをくれたり、と細やかな サービスに満足していました。
そして、とうとう北海道にシルクが来ることになり・・・受け入れ態勢を整えていた 時のこと。

の周囲の犬友から、本州方面から犬を受け入れる場合、犬は空輸されてきて空港で 受け取ると聞いていたので、てっきりアニーズさんもそうだろうと勝手に決めつけて いたのですが・・・
北海道まで直接届けてくれると聞いた時は、驚きと共に感激してしまいました。 犬を商品、つまり物扱いではなくて、大切な家族を送り届けてくれる。アニーズさん の熱い想いが伝わってきました。
さて、シルクが我が家に来て、何でもかんでもかじりまくる、怪獣シルゴンとなるで あろうと想像はしていたのですが・・・やはりスゴい(汗)
しかし、これは誰もが通る道・・・それでも、やっぱり可愛い・・・。
それと迎え入れてつくづく感じた事は、散歩中に前から人が歩いて来ると、シルクは すっとお座りの体勢になり、吠えることなく通り過ぎるまでジッとしていたり、我が家でのシャンプーや掃除機の音を嫌がらないのは、アニーズさんの基本的な躾が 出来ているんだなぁってこと。
本当にアニーズさんで良かったと思うのでした。
シルクが我が家に来たことで、今までの私たちの生活もガラリと変わり、朝晩の散歩 をすることなどで、毎日を健康的に過ごしています。 ですが、散歩時の引っ張りがまだまだ強くて、飼い主として勉強の毎日です。 最近では、インターホンの音とちり紙交換の車の音が聞こえると、野太い声で吠えま くっています(苦笑)
そして、北海道も春になり、外を出歩く人も増えてきました。
そのせいか、シルクの散歩中、何人もの人から「犬種は何ですか?」と聞かれたり、 女子中学生や女子高生が「ヤバい、可愛い~~」とすれ違うことが本当に多いです。北海道は元より、日本全国でホワシェパの輪が広がるんじゃないかと楽しみな今日この頃です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

11

12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
PAGE TOP